ブログ

ブログ

2021.05.02 スタッフブログ

高級冷凍手打ち生そばがギフトのおススメの理由を紹介します

高級冷凍手打ち生そばがギフトのおススメの理由を紹介します

お世話になっている人に贈り物をしようと考えたとき、「なにをプレゼントしたほうが喜ばれるか」と悩む方が多いと思います。

お世話になっている人へ失礼があってはだめだし、かといって好みも聞きづらい場合、たくさんの商品から選択することは大変です。

そんなとき、冷凍手打ち生そばを選んでみてはいかがでしょうか。

 

冷凍手打ち生そばの魅力をお伝えしながら、おススメの理由を紹介します。

 

■ギフト用蕎麦の種類

ギフト用の蕎麦には主に干そば(乾麺)と手打ち生そばがあります。

 

まず干そばですが、消費期限が長く(多くが1年以上)、値段も比較的お手軽な価格となっています。信州蕎麦など全国の産地の名称を入れたり、十割や八割そばといったそばの混合比率を変えたり、麺の表面を加工したりと様々な特徴を出すため多くの工夫がされています。数え切れないほどの種類があり、干そばは数多くギフト用に使われているでしょう。

さらに近年は製造技術も飛躍的に向上し、製麺会社各々が競って生そばに近い食感にするなど美味しさを追求しているのでかなり品質が高くなっています。

しかしながら、干そばは製麺工場で大量生産され、完全に水分を無くし機械的に乾燥をさせています。そのせいで、蕎麦本来の繊細さ・風味・食感等がどうしても失われやすくなってしまいます。

そのため、大切な人に特別なギフトを贈る目的より、多くの人に一斉に送る・記念品として送る、自宅用、災害の保存食などに用いられることが多いと思います。

 

つぎに手打ち生そばですが、日本全国のそばの名店が自店で打った打ちたての蕎麦をパック詰め&包装して発送されます。

そのお店の味や風味をそのままに打ちたて蕎麦をお届けするので、美味しいそばを送ることができます。そば好きにはもちろん、食通・グルメな方に贈っても、大変喜ばれると思います。

しかしながら、手打ち生そばは手作りで水分が多いため、日持ちしないということがあります。冷蔵便発送が必要で、到着後も冷蔵庫で2~3日以内に召し上がる必要があります。そのため、生蕎麦を贈る際は確実に受け取りができるよう、事前に連絡など相手へ配慮することが重要です。

また、当日打ったそばを発送する必要があるので、大量生産が難しく混雑状況によっては希望どおり送ることが難しい場合もあります。

 

■干そばと生そばのハイブリッド「冷凍手打ち生そば」

干そばと生そばのおすすめポイントとデメリットをお伝えしましたが、両方の良いところを組み合わせた「冷凍手打ち生そば」が存在します。

 

冷凍手打ち生蕎麦

 

本来手打ちそばをそのまま冷凍してしまうと品質が低下し、解凍した時に切れやすく風味も損なわれてしまいます。

そのため、冷凍そばは今までは商品化する事は不可能とされていました。

 

しかしながら、近年の技術革新により瞬時に様々な食品を冷凍させる事が出来る「急速冷凍庫」が開発され、これまで不可能とされていた、手打ち生そばを冷凍する事が可能となりました。

 

瞬間冷凍された生そばは、冷凍状態で1カ月以上保存が可能となり、冷蔵庫で自然解凍をすればいつでも食べたい時に打ちたての蕎麦と同品質に戻ります。

解凍後は正しいそばの茹で方をおこなえば、そば店で召上がるそのままの風味豊かな美味しい手打ちそばとなります。

(そばの茹で方は動画でも紹介中です そばの茹で方はこちらをクリック

 

■冷凍手打ち生そばがギフトに最適な理由

瞬間冷凍による生蕎麦は、ギフトで送る際、干そばの手軽さと手打ち生そばの品質の高さを両立することが可能となりました。

 

お蕎麦の好きな人、日頃お世話になっている大切な人に贈る蕎麦は、「干そばのように保存が効き、生蕎麦のように品質の高い冷凍生そば」がおすすめです。

また、高級品である蕎麦は贈り物として最適です。もらった人に心から喜んでもらえる、それがギフト用冷凍手打ち生そばなのです。

 

古くから受け継がれた手打ちの高い技術と現代の技術革新が生み出した急速冷凍技術の融合が贈答におすすめの高級冷凍手打ち生そばを作り上げました。

 

一度ご自身でもお取り寄せして冷凍手打ち生そばの品質の高さ・美味しさ・使い勝手の良さを実感し、母の日、父の日、敬老の日、お中元、お歳暮、年越しそば、御礼の気持ちを伝える時など、お世話になっている大切な人へいつでも思い立った時に高級冷凍手打ち信州そばを送ってみてはいかがでしょうか。

 

ギフトにもおススメの冷凍手打ち生の注文はこちら

 

 石臼焼手打ち生そば